7月の合同カンファレンスの報告

2018年7月19日、研究棟1号館地下1階会議室において、名古屋大学整形外科合同カンファレンスが開催されました。若手整形外科医による症例提示、名古屋掖済会病院からの講演がありました。

【文責】牧田和也、落合聡史

症例1 骨粗鬆症治療中に多発脊椎圧迫骨折を合併した一例 名古屋医療センター 上見 亮太 先生

デノスマブを中断後に多発脊椎圧迫骨折を生じた症例を経験した。デノスマブ中断後の椎体骨折予防としてはビスホスホネートの使用が望ましいとされている。

 

症例2 重度の仙骨変形を伴う骨盤骨折に対し術中3D-navigationを用いて内固定を施行した一例 名古屋第二赤十字病院 佐藤 洋一 先生

若年女性の骨盤骨折遷延癒合・再骨折に対してnavigation下に経皮的腸骨仙骨スクリュー固定を施行し骨癒合を得られた。

 

症例3 肘関節後方脱臼を伴った青年期Monteggia骨折の一例 名古屋第二赤十字病院 比嘉 円 先生

比較的まれなMonteggia Equivalent fracture(Bado type1)に対して、Kirschner鋼線を用いた髄内釘にて内固定し術後経過観察中である。

 

症例4 橈骨遠位端骨折術後に生じた伸筋腱断裂の一例 市立四日市病院 佐伯 岳紀 先生

橈骨遠位端骨折に対するvolar locking plate固定後EPL断裂、再手術後EDC IIおよびIIIを断裂した症例を経験した。

 

名古屋掖済会病院

演題1 切断指治療の実際  太田 英之 先生

切断指に対する再接着、皮弁再建、断端形成術の適応や方法について、症例を提示されながら講演された。

 

演題2 Big data研究の読み方  藤原 祐樹 先生

administrative claim dataには病名の不正確、ICD-9 code、臨床データの欠如などの問題点があり、big data研究の解釈には注意が必要である。

 

演題3 関節リウマチにおける疼痛管理  矢島 弘毅 先生

関節リウマチにおける疼痛管理は、弱~強オピオイドを使用する例もあり、慢性疼痛に対しては精神科医との連携や認知行動療法などのリハビリが有効である場合もある。