沿革

名古屋大学大学院医学系研究科 総合医学専攻 運動・形態外科学 整形外科学/リウマチ学のこれまでの歩み。
「整形外科学教室」、「手の外科学教室」それぞれの歴史を紹介します。

沿革(整形外科学教室)

1871年(明治4年)
仮病院、仮医学校設置
1927年(昭和2年)
県立愛知医科大学整形外科学講座開設
1931年(昭和6年)
官制改革により官立名古屋医科大学発足
1939年(昭和14年)
名古屋帝国大学創立
1948年(昭和23年)
新生名古屋大学発足
2000年(平成12年)
名古屋大学大学院医学系研究科 機能構築医学専攻
運動形態外科学講座 整形外科学講座に改組
2004年(平成16年)
国立大学法人名古屋大学誕生

歴代教授

1927年4月(昭和2年)~1952年(昭和27年)12月
名倉 重雄(image)

初代名倉 重雄教授

初代教授として教室の創設に尽力され礎を築きました。骨端症の発生病理や先天性股関節脱臼の成因について臨床研究を行いました。1950年(昭和25年)には「所謂骨端症の研究」で日本学士院賞を受賞し、後年は東京厚生年金病院(現JCHO東京新宿メディカルセンター)の初代院長を歴任しました。現在の先天性股関節脱臼の予防対策は氏の発生理論に基づいています。

1953年(昭和28年)8月~1960年(昭和35年)4月
松丸 寛(image)

第2代松丸 寛教授

第2代教授として臨床、研究の新体制の整備に努めました。先天性股関節脱臼の臨床研究を継続し、難治性先天性股関節脱臼に対する観血的治療法を導入しました。

1964年(昭和39年)2月~1983年(昭和58年)4月
photo_history02

第3代中川 正教授

第3代教授として先天性股関節脱臼に機能的治療法を導入しました。オーバーヘッドトラクション法による保存的整復を徹底し、遺残した亜脱臼はソルター骨盤骨切り術や大腿骨減捻内反骨切り術で補正する治療体系を確立しました。骨軟骨の結合組織の基質成分に注目した基礎研究を行い、関節軟骨由来の培養軟骨細胞から軟骨組織の再形成に成功しました。

1983年(昭和58年)8月~1993年(平成5年)3月
三浦 隆行(image)

第4代三浦 隆行教授

第4代教授として手の外科の臨床に力を注ぎました。手の外傷や手の先天奇形に対する治療法の確立に貢献し、複合組織移植や切断肢再接着の基礎研究を推進しました。臨床研究の集大成として和文著書「手の外傷」や「手の先天奇形」、英文著書“Atlas of Congenital Hand Anomalies”を著しました。

1994年(平成6年)2月~2001年(平成13年)3月
岩田 久(image)

第5代岩田 久教授

第5代教授として人工関節置換術、骨切り術、血管柄付き腸骨移植術などの股関節外科手術を積極的に行いました。現在の日本整形外科学会基礎学術集会の礎となった「骨・関節の基礎を語る会」を主催し、日本の整形外科基礎研究の広がりに貢献しました。骨形成因子を含んだ同種骨脱灰凍結乾燥骨を骨移植術に応用し、ハイドロキシアパタイトを含有した緩みの少ない新しい人工股関節を完成させました。

2001年(平成13年)12月~現在
石黒 直樹(image)

第6代石黒 直樹教授

第6代教授として骨軟骨領域の再生医療を実施、基礎研究と臨床研究や実地臨床の融合を図っています。骨延長術に培養自家骨髄細胞移植術を併用することで延長期間を短縮させ、培養自家関節軟骨細胞移植術によって関節軟骨欠損の修復を行いました。また関節鏡フォーラム、鶴門骨折治療研究会、鶴舞整形外科症例検討会を立ち上げ、若手整形外科医の育成に尽力しています。

沿革(手の外科学教室)

2001年(平成13年)
名古屋大学大学院医学系研究科 機能構築医学専攻
運動形態外科学講座 手の外科学講座 開設
中村 蓼吾(image)

初代中村 蓼吾教授

2001年(平成13年)4月
~2005年(平成17年)3月

手外科という分野は、整形外科および形成外科のバックグラウンドを持つ医師がその上に持つ専門領域(subspeciality)として選択するものです。日本手外科学会はアメリカ手外科学会に次ぐ50年以上の歴史を持ち、会員数は3000人を越えます。名古屋大学手の外科学教室のスタッフは現在すべて日本整形外科学会の専門医資格を有しています。

名古屋大学における手外科の開祖は第4代整形外科教授三浦隆行先生です。三浦先生は日本手外科学会の開設から11年目の1968年に当時名古屋市東新町にあった名古屋大学医学部附属病院分院に講師として赴任し、各方面に手外科発展の必要性を訴え続け、2001年についに全国で唯一の手外科を専門とする大学院講座の開設が実現し、中村蓼吾先生が初代教授に就任しました。中村前教授指導のもと名古屋大学において手関節外科が目覚ましく発展し、当教室から次々と国際誌に論文が採択されました。2005年に中村先生が退官した後、平田仁先生が第2代手の外科教授に就任し現在に至っています。三浦名誉教授、中村前教授共に国際手外科学会のパイオニア賞を受賞しています。

平田 仁(image)

第2代平田 仁教授

2005年(平成17年)10月
~現在

日本手外科学会では2007年に学会認定専門医制度を発足させており、平田教授、建部特任准教授、山本講師、栗本特任講師、岩月助教、西塚特任講師、および米田社会人大学院生はすでに手外科専門医の資格を持ち、他の教室員は来年以降順次取得予定です。当教室では手外科学の教育および手外科専門医資格の取得・維持のための教育研修会も年3回主催しております。

現在当教室では平田教授の指導のもと臨床および基礎研究を精力的に行っています。今後の当教室の活動目標として、手外科領域の診療・研究において世界をリードするだけでなく、身近においてもこの分野の認知度を高めることです。そのため、NPO法人ハンドフロンティアの活動を通して手外科の疾患や外傷、スポーツ障害、上肢疼痛障害についてわかりやすく解説する市民公開講座も行っております。

2017年には平田教授が第60回日本手外科学会と第28回日本末梢神経学会の主催を予定しており、準備も開始しています。これまでの臨床研究の蓄積に、他施設や企業と連携して研究成果を臨床面に発展させていくべき基盤が出来上がってきております。