教室の紹介

教室の理念は、世界に発信できる整形外科学基礎・臨床研究の実践、患者さんに還元できる研究や診療の実践、地域医療を支える人材の育成です。

名古屋大学整形外科学教室は1927年(昭和2年)5月1日に開設され、以来90年におよぶ歴史と伝統があります。第6代石黒直樹現教授に至るまで、整形外科基礎科学・臨床医学に優れた業績を残し、数多くの学会を主催し、海外に留学する人材を輩出し、我が国の整形外科学において重要な責務と役割を果たしてきました。教室内は古くから脊椎・股関節・膝肩・手・リウマチ・腫瘍・小児の臨床グループに分かれ、それぞれが偉大な諸先輩方の業績を引き継ぎながら新しい研究や診療を実践しています。

教室は整形外科講座と手外科講座に分かれていますが、合計70名以上が大学に在籍し、グループのほとんどが10名以上で構成されています。そのため活発な基礎・臨床研究や診療教育による人材の育成が可能となっています。

教室の理念は、世界に発信できる整形外科学基礎・臨床研究の実践、患者さんに還元できる研究や診療の実践、地域医療を支える人材の育成です。名古屋大学医学部附属病院は現在、橋渡し研究・臨床研究の中心となる病院としての役割を担っていますので、当教室でもその好循環に合わせて患者さんに貢献できる医学研究を実践しています。

整形外科医は明朗快活がモットーです。当教室では最先端の医療を目指す強いマインドを持ちながらも、日々楽しくコミュニケーションをとりながら笑顔で過ごしています。各グループの垣根がないため、高度な技術を持った各グループの横断的診療が可能です。当教室で研究マインドを持ちながら、整形外科のspecialty, subspecialtyを効率的かつ楽しく学び、社会に貢献できる熟練した整形外科医になろうではありませんか。