小児

筋性斜頚(きんせいしゃけい)

筋性斜頚
筋性斜頚

生後1か月以内に首の横にある筋肉(胸鎖乳突筋)内にしこりと突っ張りが生じ、頭がしこりのある側に傾き、顔はその反対を向いてしまう病気です。通常しこりは生後半年~1年以内に消失し、90%前後の症例は自然治癒します。残りの10%程度の症例では斜頸が続き、1歳半を過ぎても自然治癒しなければ、2~4歳頃に手術を行います。手術方法として当院では突っ張っている筋肉を鎖骨や胸骨から切り離す、胸鎖乳突筋下端切腱術を行います。

母指多指症(ぼしたししょう)

右母指多指症
右母指多指症

上肢の先天異常の中で最も頻度の高い疾患です。使いやすい手にするため皮膚、腱、神経、血管、骨や軟骨といった組織を丁寧に扱って余剰指の切除を行う必要があります。手術の時期は多指の形態によって異なりますが通常は1歳前後です。

先天性股関節脱臼(せんてんせいこかんせつだっきゅう)

先天性とありますが出生時に脱臼していることはほとんどなく、生後3~4ヶ月頃に明らかとなります。脱臼していても痛みはなく、放置しても歩くことはできるようになります。遺伝要因と環境要因が組み合わさって発症する多因子疾患とされています。女児に多く、少なからず先天性股関節脱臼や変形性股関節症の家族歴があり、生まれつき股関節の形態に異常(臼蓋形成不全)があります(遺伝要因)。股関節の動きを妨げる育児方法(おくるみや横抱っこなど)が脱臼を誘発するとされています(環境要因)。保健所で行われる3~4か月健診で股関節の開きが悪い(開排制限)と指摘されて発見される場合がほとんどですが、気付かれず歩行開始後に見つかることもあります。生後半年以内に見つかると装具治療(リーメンビューゲル法)によって脱臼を戻します(整復といいます)。装具治療で整復されなかった場合や生後半年以降に見つかった場合には持続牽引治療(オーバーヘッド牽引法)で時間をかけて整復していきます。オーバーヘッド牽引法でも整復できなければ手術が必要となります。脱臼が整復されても臼蓋形成不全は残る場合があります。小学校入学前の5~6歳までに股関節の形が正常とならなければ、変形性股関節症の早期発症を予防するため当院では股関節の被りを良くするソルター骨盤骨切り術を行っています。

左先天性股関節脱臼
先天性股関節脱臼
生後3カ月
6歳 骨盤骨切り術後
関連リンク

ペルテス病

大腿骨の股関節側の骨の端(大腿骨頭といいます)が原因不明の壊死(細胞が死んでしまうこと)を起こす病気です。6~8歳の小柄な男児に多く発症します。痛みは軽く歩けないことはほとんどありません。痛む場所は股関節に限らず、しばしば大腿や膝周囲の痛みを訴えます。全く痛みがなく足を引きずるだけのこともあるので注意が必要です。診断は股関節のレントゲン検査とMRI検査で行います。壊死した骨や軟骨の強度は弱くなっているため、体重が加わると少しずつ潰れて変形してしまいます。著しく変形した骨や軟骨は元通りにならないため、ペルテス病が疑われた時点で不用意に体重をかけてはいけません。小児には旺盛な再生能力があるため、壊死した骨や軟骨は4~5年かけてゆっくりと修復されます。修復されるまでの期間、股関節の被りを増やして大腿骨頭を包み込み、その中で動かすことでできるだけ球形に近い大腿骨頭に戻るように装具治療や手術治療を行います。

ペルテス病
右ペルテス病
骨盤骨切り術後

大腿骨頭すべり症(だいたいこっとうすべりしょう)

大腿骨の股関節側の骨の端(大腿骨頭)にある成長軟骨板(骨端成長線ともいいます)で骨端がずれてしまう病気です。ずれた骨端が自然に戻ることはなく、体重が加わることによってずれは悪化していきます。体格が肥満傾向を呈した12歳前後の男児に多く、急性や慢性の股関節痛で発症しますが、痛む場所は股関節とは限らず大腿や膝周辺のこともあり注意が必要です。レントゲン検査で診断できますが、後方にずれるため側面からも撮像しないと見逃してしまいます。治療には手術が必要です。ずれの程度が小さければそのまま金属ねじでずれた骨端を固定します。ずれの程度が大きければ矯正骨切り術を行います。当院では創外固定器を用いた矯正骨切り術を行っています。

大腿骨頭すべり症
大腿骨頭すべり症
正常
創外固定器を用いた矯正骨切り術
創外固定器を用いた矯正骨切り術

先天性内反足(せんてんせいないはんそく)

生まれつき足首が曲がって足底が内側を向いた硬い変形を起こす病気です。原因は不明であり、片側例と両側例はほぼ半々の割合です。生後できるだけ早期から矯正治療を開始します。治療の最終目標は足の裏全体で立って歩けるようになることです。世界的にも標準的な治療法となったPonseti法に従って体系的に治療していきます。1週間ごとにギプスを巻き直しながら徐々に変形を矯正していき、最後にアキレス腱を切って矯正は完了します。得られた矯正位を維持するために、特殊な装具を4歳まで夜間は装着します。成長とともに再発した変形には腱の延長や靭帯・関節包の切開を行って変形を矯正する軟部組織解離術を行います。生まれつき正常と比べて小さい足や細いふくらはぎを治すことはできません。

先天性内反足
右先天性内反足
ギブス矯正
装具
装具
関連リンク