橈骨遠位端骨折(とうこつえんいたんこっせつ)

disease-hand-image01

転倒や仕事中のケガなどで様々な腕の骨折が生じます。その中でもっとも多いのは手首付近の骨折です。骨粗鬆症が存在していると生じやすい骨折の代表です(高齢者に多い)。変形を生じないようにギプス固定を行いますが、ずれの大きいや骨折部分が不安定な場合には、プレート(金属)で固定をする手術を行います。

舟状骨骨折(しゅうじょうこつこっせつ)

手首は手根骨と呼ばれる小さな骨が複数組み合わさって構成されていますが、その手根骨の骨折の中で最も頻度の高いのが舟状骨骨折です。診断が難しく、また骨への血流が乏しいために骨折部の癒合が得られにくい難治性骨折です。必要に応じて関節鏡による評価と合わせてスクリュー(ねじ)で固定をする手術を行っています。

PIP関節脱臼骨折(PIPかんせつだっきゅうこっせつ)

disease-hand-image02

指のいわゆる第二関節の骨折を伴う脱臼です。治療の難しい骨折であり、積極的な治療を行っています。

三角線維軟骨複合体(TFCC)損傷
(さんかくせんいなんこつふくごうたいそんしょう)

disease-hand-image03

手関節の小指側にはTFCCと呼ばれる靭帯と軟骨からなる組織があり、転倒して手を付いた際に損傷して痛みの原因となることがあります。通常は装具(サポーター)を用いて治療しますが、MRIや関節鏡で評価し、必要に応じて手術(縫合術または再建術)を行っています。

関連リンク

骨折変形癒合・偽関節(ぎかんせつ)

disease-hand-image04
舟状骨骨折後偽関節

橈骨遠位端骨折後の変形により、手首の障害が生じることがあります。変形の程度により橈骨の骨切り術、尺骨の短縮骨切り術、手関節形成手術など行っています。 舟状骨骨折が癒合しなかった場合、偽関節という状態(骨折した部分がつかずに動いている状態)になります。MRIなどで舟状骨の状態(血流があるかなど)を評価し治療にあたる必要があります。 手指の骨折が変形して癒合すると、指を曲げた時にとなりの指に重なるなどの障害が生じることが有ります。矯正骨切り術を行って元の位置に修復しています。矯正骨切り術ではコンピュータシミュレーションを用いています。

腕神経叢損傷(わんしんけいそうそんしょう)

バイクによる事故や分娩時の牽引により生じることがあります。腕神経叢とは頚椎(くび)から腋窩(わき)にかけて、肩から指に至る神経が複雑に絡まるような構造をしており、損傷すると肩・肘・指の運動機能と感覚が障害されます。 主に運動機能の再建を神経移行・移植術や、遊離筋肉移植を行って再建しています。肘から先の神経障害については神経縫合・移植術を行って機能再建を図りますが、神経の回復が得られない場合には腱移行術といい、他の部分を動かす腱を用いて運動機能を再建します。

腱損傷

disease-hand-image06
薬指の屈筋腱損傷

前腕に筋肉がありそこから続く腱が指先につながっており、筋肉を動かして腱を引っ張ることで指が動きます。腱が断裂すると正常な指の運動が出来なくなります。腱の治療には腱を癒合させることと、縫合部分が周囲と癒着しないように、相反することを遂行する必要があります。手術に加え、リハビリテーションが重要となります。

切断指

親指切断
disease-hand-image07
手術前
手術後

指が切断された場合、再接着といって断裂した部位をつなぎ合わせる手術を行います。文字通り元通りの組織を修復していきますが、場合によっては犠牲にせざるを得ない部分が生じ、また断裂した部分の状態が悪いと再接着自体が不可能となります。再接着を行えた場合、つないだだけで治療が終わるわけではなく、手術後のリハビリテーションをはじめとする後療法が重要となります。

変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)

指の変形性関節症
disease-hand-image08-1
手術前
人工関節置換術後

指の関節(いわゆる第一関節と第二関節)には変形性関節症が生じます。様々な要因(体質・使用状況・外傷の既往)によって生じますが、その生じる原因は不明で予防する有効な手段はありません。治療は人工関節置換術や関節固定術を行っています。

disease-hand-image08-2
母指CM関節症

母指CM関節(母指の付け根の関節)にも同様に変形性関節症が生じます。母指については関節形成・関節固定などの手術があります。

disease-hand-image08-3
キーンベック病

手関節(手首)にも変形性関節症が生じます。関節形成手術や部分固定術などを行います。
前腕は橈骨(とうこつ・母指側の骨)と尺骨(しゃっこつ・小指側の骨)の2本の骨からなります。
手関節については尺側(小指側)の痛みを訴える場合が多く、原因として尺骨が橈骨に比べて相対的に長いために障害が生じることがあります。この状態を尺骨突き上げ症候群といいます。
治療は装具または手術(尺骨短縮骨切り術)を行います。 手関節に特有の疾患にはキーンベック病(月状骨軟化症)のような無腐性壊死(血流がなくなり骨が潰れてくる病気)もあります。

関連リンク

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

disease-hand-image09
母指の付け根の筋肉がやせている

手首で起こる絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)です。正中神経(親指から環指の半分・掌側の感覚と母指の付け根の筋肉を支配している神経)が通過するトンネルが狭いために起こります。特徴的なものは上記部位のしびれ・痛みで、明け方や起床時に症状が強くなることが多いです。進行すると母指の付け根の筋肉がやせて、物がつかみにくくなります。女性に多く、妊娠・出産・閉経との関連も認められ、また手を多く使用する方に発症しやすいといわれています。腱鞘炎や糖尿病との関連も認められます。 治療は手の安静と内服、ブロック注射や手術(狭いトンネルを解放する)となります。当施設では内視鏡を用いて手術を行っています。

腫瘍および類似疾患

手関節はガングリオンの好発部位となります。また指に発生する腫瘍の多くは良性で、腱鞘巨細胞腫や神経鞘腫などが代表的です。良性のものが多いのですが、発生する部位の近くには神経・血管・腱などの重要な組織が存在するため、細心の注意を払い摘出手術を行っています。

腱鞘炎(けんしょうえん)

手の障害で最も頻度が高い疾患です。指の曲げ伸ばしの際の痛みが起きたり、スムーズな動きが得られなくなったりします。手のひらの腱鞘炎(ばね指)と手首での腱鞘炎(ケルバン腱鞘炎)があります。使い過ぎ・妊娠・出産・閉経との関連も認められます。手根管症候群の合併も多く認められます。治療は安静や外用剤の使用、注射や手術があります。

化膿性腱鞘炎(かのうせいけんしょうえん)

指先は外部にさらされており、ケガの多いところです。それゆえ常に細菌感染の危険におかされていると言えます。細菌感染による炎症が腱鞘内に波及すれば、化膿性腱鞘炎となり、できるだけ早く抗菌薬を投与しますが、状態によっては切開して洗浄などの処置を行う必要があります。

拘縮(こうしゅく)

disease-hand-image13
デュピュイトラン拘縮

一旦ケガなどで組織の損傷を受けるとその部位に瘢痕が形成されます。瘢痕は元の組織に比べると柔軟性がないため、関節周囲の損傷により形成された瘢痕(はんこん)によって関節の動きが障害される(かたくなる)ことがあります。このような状態を拘縮といいます。近年増加傾向にあるもので外傷に関連しない拘縮に、デュピュイトラン拘縮という指を伸ばせなくなる疾患があります。原因ははっきりしていませんが高齢の男性に多く発症します。デュプイトラン拘縮においてはコラゲナーゼ注射治療も行っています。

関連リンク