肩関節

反復性肩関節脱臼(はんぷくせいかたかんせつだっきゅう)

反復性肩関節脱臼とは、ケガをきっかけに肩が比較的簡単にはずれ易くなり、脱臼を繰り返すようになった状態です。

脱臼を繰り返して日常生活に支障をきたす場合やスポーツ復帰を目指す場合に手術を行っています。基本的に侵襲が比較的少なくてすむ(手術によるキズが小さい)関節鏡を使用して行っています。

関連リンク

腱板断裂(けんばんだんれつ)

腱板断裂は、肩関節を安定化している重要な筋肉の腱の部分が断裂してしまった状態で、肩を動かす時に痛みが出たり、肩を上手く挙げられなくなるという症状がでます。

外来通院でのリハビリテーションや注射による治療で症状が治まらない場合、関節鏡を使用した腱板修復術を行っています。

その他の障害

disease-shoulder-image01disease-shoulder-image02

ケガの後や関節リウマチによる肩関節の拘縮(肩の動きが固くなってしまうこと)や、投球障害に関しても関節鏡視下手術を中心に治療を行います。関節リウマチなどで関節が破壊されている場合には人工関節置換術も行います。