リウマチ科

関節障害を起こすリウマチ性疾患の診断から薬物および手術治療まで
一貫した医療を提供します。

診療科概要

対象疾患

炎症性関節破壊を起こす関節リウマチ、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎を主たる対象疾患としております。また長年血液内科と連携して血友病性関節症に対する診療も行っています。

治療方針

臨床的寛解を目指し、メトトレキサートや生物学的製剤を組み合わせた薬物治療を個々の症例に合わせて提供します。呼吸器内科や腎臓内科と連携し、治療に伴う副作用にも迅速に対応します。

薬物治療では病勢のコントロールが不十分な症例やすでに関節破壊が進行して機能障害が著しい症例に対しては、滑膜切除術や人工関節置換術をはじめとした関節再建手術を行っています。血友病性関節症に対する外科的治療では、血液内科と協力して安全な周術期管理を心掛けております。

リウマチ班の紹介はこちらをご覧ください。

診療実績

リウマチ班の手術実績はこちらをご覧下さい。

リウマチ医療を取り巻く診断手法や薬物治療は長足の進歩を遂げています。当科では社会に向けた情報発信を行うために名古屋リウマチネットワークを立ち上げ、各種勉強会や市民公開講座を定期的に開催しております。さらに新規リウマチ薬の開発治験にも積極的に参加しております。