手の外科

手をはじめとした上肢の機能障害に特化し、最先端の医療を提供します。

肩甲帯から手に至る上肢の筋骨格系障害や外傷、神経麻痺、循環障害、先天奇形などの治療を専ら行っています。

診療科概要

対象疾患

精緻な上肢機能を障害するあらゆる病態を対象とします。骨折や脱臼、筋腱の断裂、腕神経叢や末梢神経の損傷、完全・不完全切断、拘縮手や麻痺手、循環障害手、先天奇形、複合性局所疼痛症候群 (CRPS)、デュプイトラン拘縮、絞扼性末梢神経障害、腱・腱鞘炎など幅広く対応しております。

治療方針

患者さんの現在の状態や病態、ご希望や最終的な治療目標を一緒に考えながら計画的に治療を進めていきます。手の外科はその他の整形外科分野と学問的体系は軌を一としますが、ヒトをヒトたらしめている上肢の巧緻な機能再建にはそれ以上の繊細な手技、いわば芸術性が要求されます。当科では拡大鏡や顕微鏡を多用し、精緻かつ正確な技術で愛護的な手術を心掛けています。手関節や肘関節では関節鏡による病態の把握や修復再建操作に努め、最小侵襲で治療を行います。治療結果を患者さん目線でも評価してもらいフィードバックさせるため、独自の治療評価票を考案し臨床成績の向上につなげています。

手の外科の紹介はこちらをご覧下さい。

診療実績

手の外科の手術実績はこちらをご覧下さい。

日本で初めて開設された手の外科分野の臨床講座として常に先駆的な医療を実践しています。医学と工学の領域を融合させた医用生体工学的手法を手の外科にも積極的に取り入れるべく、企業や他の大学と連携し研究開発を進めています。上肢のリハビリテーションを担当する作業療法士の育成や啓蒙のため、合同の研究会を立ち上げ定期的に開催しています。