人材育成について

明るい雰囲気の名古屋大学整形外科学教室で一流の整形外科医を目指しましょう。

名古屋大学整形外科学教室は90年におよぶ長い歴史と伝統があり、900名を超える同門整形外科医が支える、日本でも最大級の規模の教室です。

約60の関連病院では、整形外科一般から高度な特殊性を持ったsubspecialtyまでの教育を受けることが可能です。大学では大学院生を中心に基礎研究を実践して学位を取得するとともに、患者さんに還元できる研究成果や医学に貢献できる研究成果を得ています。また大学でしか診療できない難治症例を、「最後の砦」としての自負を持ちながら積極的に受け入れています。

当教室では様々なキャリアパスを選択することができます。高度な技術を有し、他病院では困難な症例に手術を実施する第一線の外科医、世界と肩を並べる医療や研究を発信する整形外科医、患者さんの整形外科医療レベルの向上に燃えて基礎・臨床研究を実施する医師、後輩を指導・育成する教育担当医、大学病院や関連病院と効率的な医療連携を構築しながら地域医療に貢献する開業医、いずれの選択も可能な教育・研修プログラムを作成しています。具体的には新専門医研修制度に合わせた名古屋大学の研修プログラムが出来上がりつつあります。完成したら本ホームページで紹介する予定です。約60におよぶ関連病院では、熟練した先輩医師が手取り足取り一般整形外科診療の基礎を楽しく教えてくれます。また大学では7つの診療グループそれぞれから高度なsubspecialtyの技術・知識・研究手法を学ぶことができます。大きな教室であるため、関連病院でも高度なsubspecialtyの教育を担う病院が多数あります。この研修プログラムで学んでいくうちに、様々なキャリアパスの中で自分に合った将来像を描いて頂けます。

整形外科医は元々明るい性格を持った医師の集まりです。明るい雰囲気の名古屋大学整形外科学教室で一流の整形外科医を目指しましょう。