キャリア形成について

当医局のキャリア形成プラン

初期臨床研修

非入局スーパーローテート研修、いわゆる「名大方式」での初期研修を名古屋大学および関連病院で行います。選択科目として整形外科を研修することをお薦めします。その中で救急医療に役立つ外傷外科の診断スキルや初期対応のノウハウを学んで下さい。この期間でも入局はいつでも受け付けております。入局後は日本整形外科学会に入会します。

後期臨床研修

2年間の初期研修が終わると通常は同じ病院で引き続き後期研修を行い、まずは整形外科の基本である外傷外科の習得を目指します。医局では後期研修が始まるタイミングでの入局を強く薦めております。同時に日本整形外科学会に入会しますと最短の卒後6年で整形外科専門医の受験資格が得られます。外傷症例の経験を積んでもらうため、医局では後期研修病院の斡旋も行っております。整形外科には多種多様な専門性(脊椎脊髄、膝肩スポーツ内視鏡、関節再建、手、骨軟部腫瘍、小児、関節リウマチ、リハビリテーションなど)があるため、医局の方針として後期研修は複数の施設で行うことを原則とします。後期研修中の転勤先の選定は、医局長との面談を通じて本人の意向(将来の専門性や家庭状況など)にできるだけ沿う形で行っております。後期研修中に学会が主催または認定する教育研修会を受講し、学会発表や論文投稿を行い、経験症例をまとめて整形外科専門医の資格取得を行います。

後期研修以後

①大学院進学コース

現在のところ(専門医取得後の)卒後7~9年目での入学が一般的となっています。教授や専門臨床班のチーフと面談し専門を決めます。入学後は各診療班に分かれ専門性を高めながら、基礎研究や臨床研究を通じてリサーチマインドを涵養し、論文を投稿して学位を取得します。基礎研究は医局内または連携している基礎医学教室で行います。大学院在学中もしくは卒業後に医員となり、さらに専門性を高めます。希望すれば欧米の施設に研究留学や臨床留学する道があります。その後は大学で診療や研究を継続するか、関連病院に指導医として赴任することになります。

②勤務医継続コース

後期研修中に決めた専門性を高めながら関連病院で勤務医として働きます。大学の専門臨床班と密に連携しながら各地域の専門的医療を支えます。転勤先の選定は専門性を考慮して行います。

③開業

独立開業し地域の運動器医療を担います。互助団体名整会の会員として医局と双方向で支え合います。