ご無沙汰しております。

【氏名】大野 洋平(平成13年卒)【所属】膝肩班/University of Calgary
540-1
(A) Boys having fun
before nightmare begins
540-2
(B) A pre-op spine patient

4回目になってしまいました、この留学記。もうそろそろ辞めないと。1回目は基礎研究留学先のGreenville, NCで子供の釣りを手伝って罰金取られたことを、バスに置き去りにされたBuffalo, NYの国境で記し、2回目は臨床現場での英語疎通の苦労をToronto, ONの有名なゲイ通り裏の病院のカビ臭い当直室で綴り、3回目はCalgary, ABへ引越すため過積載トレーラーを牽引し4日で3500kmほど走破してどえらい大変だったことを報告致しました。今回はどんな悲惨エピソードを提供できるものか、と振り返ってみると、昨年9月の季節外れの大雪で家の電線が切断され4日間電気なしで凍えながら暮らしたこと (A)、昨年の長距離移動後から腰が悪化して下肢症状が消えなくなったこと(こっちで除圧受けて今は快適♥ (B))なんかが挙げられますが、全般としてはこちらの生活にだいぶ慣れた(タフになった)ので、物事も以前ほど大ごとに感じなくなった気もします。大切なのは、生きたいように生きること、理不尽なことは即座に察知して文句を言うこと。異国暮らしや第二言語という事実、それを忘れるくらいが重要かと。

540-3
(C) Gloria & Melman in Calgary Zoo

Calgaryに来て早くも1年強が経過しています。家は古いのに家賃は高いですが、地下室、裏庭、車庫つき戸建て暮らしは快適です。特に子供らには最高のようで、家に帰ると喜んで遊び始めるくらいで、外出し甲斐がありません。管理会社のおばさんと隣家のおばさんは呆れるほどrudeですが、それを差し引いてもお釣りがきます。余談ですが、白人中年女性とは総じて相性が悪いです。とはいえ白人若年女性と相性が良い訳でもありません。Calgaryという街は現在人口150万程度ですが (C)、oil and gas industryの影響で過去15年間に1.5倍くらいに急増。近郊あちこちに新興住宅街が出来ていて、まだまだ急成長している様子がよくわかります。田舎の都市の割には今でも既に人が多すぎる感じがあるので、この辺で止まってくれた方が住みやすい地方都市のままでいてくれていいな、と、一外人は切に願っています。どんどん増えているのはもちろん外人です。

気候に関してですが、夏は最高です。熱くても30℃程度、乾燥していて日差しは熱いですが日陰はとても涼しい。朝はかなり涼しくて長袖で丁度いいくらい。名古屋の夏を思えば天国です。冬はもちろん寒いです。昨冬は暖冬で最低でも-20℃くらいにしかならなかったので大したことなかったですが、基本的には屋内にいるので、別に-30℃になっても大丈夫です。暖房がちゃんと効いていればTシャツで過ごせます。日本の実家はなんで冬あんなに寒いんでしょうか。夜、屋内なのに息が白くなっていたのをよく覚えています。

540-4
(D) Ski boys in hockey
540-5
(E) Top of the mountain with the boss

Calgaryの良いところはRocky Mountainsに近いこともあり冬にも夏にもactivitiesが山ほどあることです。冬にはもちろんski, snowboard, snowshoe, snowmobile, skate, hockey, etc。skiといってもdownhill, cross country, back countryに加えて、heli skiとかcat skiといって雪山の山頂まで運んでもらって新雪をひたすら滑り下りる、なんて上級者しか楽しめない贅沢な遊びもあります。山に行くと凍った滝を登っているcrazyなice climbersもいます。Hockeyに関しては生活の一部になっている人が多いので、冬に限らず一年中やっています。夏はhiking, mountain bike, camp, boat, kayak, river rafting, fishing, etc。3ヵ月ほどの夏と呼べる時期以外は冬なので、みんなここぞとばかりにgorgeous summerを楽しんでいる印象です。自分に関しては、国技hockeyの醍醐味を知るべく子供らとレッスンを受けたりして、ちょっとは楽しめるようになりましたが、子供らに闘争心が欠けていることもあり、今年に入ったら完全にskiに移行していました。で、気づけばほぼ週2回雪山へ通い、始めたばかりの子供らはblack runnerって上級者(あくまで子供レベル)になり (D)、ほぼ初心者だった自分も、なんだか勢い余って上司(Dr. Lo)と一緒にCSIA Level 1 Instructorなんていう資格を取得してしまいました (E)。Level 1ってのは最上級じゃなくて最初のレベルで、子供か中級者まで教えていいことになってますが、もちろん教えられません。visa的にも医者としての仕事以外は許されてないし…。ちなみに今ではski好きですが、上手ではありません。急斜面、コブ、怖いです。でも、来シーズンにはLevel 2 Instructorとって、こちらで永久就職しようと思っています。冗談です。

540-6
(F) Karate Boys
540-7
(G) Very keen Karate sensei telling
the awesomeness of Karate-dou
to a 2 year-old

それ以外では、映画Karate kidのMr. Miyagiを愛してやまない知人が昨冬にKarate dojoを開いたのに便乗して、家族全員で参加しています (F)。1年でなんとか黒帯まで到達できないものかと思っていますが、一定期間経過しないと次の帯を取得できない日本的なルールを考えると無理そうです。でも師匠はカナダ人なので、その辺は融通きかせてもらえないかと… (G)。そして今は時々mountain bikingしてます。Dirt bike出身の自分ですが、エンジンがついてないので登りは死にそうです。

仕事に関しまして…。これまで、特にclinical fellowship(臨床研修)について、興味を持ってくれる若者もいるのではと思いできるだけ情報を提供しようと努めましたが、今のところ何一つ反応も質問もありません。皆さん忙しくて海外に興味を示している暇なんかないのでしょう。よくわかります。海外放浪している暇があったら、もっと医局に貢献すべきなのでしょう。わかっております。すみません。なので、今年は簡潔に報告します。

昨夏からshoulder fellowshipをUniversity of CalgaryのDr. Ian Loの元でやっています。主に肩関節鏡下手術です。手術、外来ともたくさん経験できて楽しいです。でも何故か時々gamma nailやったりもしてます。自分がやる分にはいいんですが、residentがやるのを面倒見ることの方が多くて、それはなかなか楽じゃないです。自分にいかに教育能力が欠落しているかを痛感します。そもそも教育の仕方を教わった記憶はない…、なんて言い訳は飲み込むように努めてます。こっちの文化的には、やっぱ罵倒したらいかんです。やらかしそうなところを褒めながら誘導する。英語で。困難を極めます。が、いい訓練です。手術に限らず、何に関しても教育は重要だということを知りました。誰もが教育が重要だと認識することも重要だと学びました。強要、叱責、放置、無視、なんかはどうやら正しい教育の手法ではなさそうです。勘違いしてました。

それはさておき、Torontoでもそうでしたが、皆保険ということもあってカナダの医療システムは米国のそれと比べると日本に近いです。しかしながら医師が働く環境はだいぶ違い、圧倒的に効率的で閉塞感が少ないです。日本での事情を伝えると、どうやってそんな環境で働き続けるんだ、と聞かれます。もちろん説明できません。ただ働くんだ、と…。

手術技術に関して「日本の外科医は器用で緻密で繊細で、欧米の外科医の大雑把な手技と比べてもらいたくない。向こうは数かも知れんが日本は質で勝負だ。」なんてのが(自分も含め)平均的な暗黙の認識かと思いますが、実際のところ必ずしもそうでもないです。下手な人もいますが、うまい人はめっちゃうまいです。大量生産に伴いモノの質が落ちるのとは違い、手術の場合は数が増えると質が上がりそうな気がします(少なくとも失敗は減ります)。同時にresearch も進みます。教育への意識が強ければ、ちゃんとtrainingを受けられます。trainingを受ければもちろん上手になって、独立すれば今度は下をtrainingできます。昔はともかく、今の時代においては、これはあまりに当たり前のことのように思います。国や文化云々の問題じゃない気がします。自分はこちらの環境に潜り込むことができてラッキーでした。実際に働かなければ知り得ないことだらけです。知らない方が幸せだったかも、とも思いますが。以上です。

最後になりましたが、北米での長期放浪をご容赦頂いている石黒教授ならびに医局長、膝肩班の先生方、心から感謝しております。帰って何を生かせるのか未だわかりませんが、少なくとも情報発信をすることで何かしらの役に立てることができたら幸いです。この留学記の内容だけでなく、基礎/臨床含めた留学、TOEFL、IELTS、MCCEE、USMLE、CPSA provisional medical licensure、permanent residence、Canada Olympic Park、Nose Hill Park、CSIA ski instructor、Sunshine Village、Sunshine Speedsters、orthodontic treatment、こっちの医者の生活の質など、もしご質問やご相談がありましたら、ご連絡ください。可能な限り、全力で協力します。